MENU

アコムとレイクの金利を比較してみた

生活をしている上で現金が足りなくなる、急に必要となる場合があるはずです。その時に貯金があればいいですが、普段の生活でいっぱいという人も多いでしょう。家族や友人、知人から借りられればいいですが、そういうことができない時には、残る方法として金融業者から融資を受けることが考えられます。この時に便利なのが担保や保証人を必要としないキャッシングで、クレジットカードなどを利用するのも良いですし、金融会社で作っても良く、時間によっては申し込んだその日のうちに融資が受けられます。

 

そこで悩むのがどこの金融業者がいいのかということで、大切なのは金利になります。いわゆる利息で、これが高いと返済が大変になるので、少しでも少ない方が安心して借りることができるはずです。

 

大手の金融業者として「アコム」と「レイク」がありますが、それぞれの金利はアコムが4.7〜18.0パーセント、レイクが4.5〜18.0パーセントになっています。これを見る限りではほとんど変わりがなく、ただ気になるのは利息の幅が大きなことで、これは借りた額によって変動していくので、必要な額で事前にチェックすることが必要になってきます。大部分の金融会社は借りる額でシミュレーションができますので、気になるところでチェックして、もっとも金利が低いところで借りるといいかもしれません。

 

ただレイクの場合、特徴としてはじめて利用する場合に限って、無利息のサービスを受けることができます。これは「5万円以内の借入なら180日間の無利息」か「借りてから30日間の無利息」を自分で選ぶことができます。利息の高さは上記を見れば分かることで、一般的なローンに比べて手軽な分、利息が高く設定されているので借りる際には注意が必要です。

 

金融業者のキャッシングに関して、金利に変動はありませんので、最初の時点で利息がいくらになるかが分かります。借りる額、そして加えられる利息をしっかりと確認して、返済を考えた上で借りるようにしましょう。返済が遅れると利息が増えていき、やがては利息だけを返し続けて元金はちっとも減らないといったことになってしまいます。

 

時に現金が必要になる場合はあって、手軽に融資が受けられるキャッシングはとても便利で助けられる人も多いです。ただ借りたら返済義務があり、利息がつくことを忘れてはいけなく、金融会社ごとの金利をチェックして低いところで借りると安心できます。