MENU

アコムとレイクどちらが審査通りやすい?

アコムにもレイクにも審査があります。この2つの会社はどちらも通りやすいことで知られているのですが、差はあります。アコムの方が審査に通りやすいと言うデーターがあります。この会社の場合は、審査の通過率が50%前後になっています。50%に届かない年度もあるのですが、それでも48%程度なので、他の会社にくらべて、通過率は高くなっています。レイクの場合は、通過率は35%程度です。

 

通過率にこのように差があるのは、会社の種類が異なっているためです。アコムの方は消費者金融系の会社で、レイクは銀行系の会社です。一般に消費者金融系の会社の方が通りやすいと言われています。レイクは今は銀行系の会社になっていますが、以前は消費者金融系の会社でした。その名残があるせいか、他の銀行系の会社よりはお金を借りやすくなっています。

 

普通の会社に働いて、普通に生活していれば、審査に落ちることはほとんどありません。どの会社も毎月一定の収入がある人には、貸し出しを実施しています。しかし、申し込むときに嘘の申告をしたり、他にも借入れがある場合は通らないことがあります。例えば、アルバイトの方が多くお金を借りようとして、会社員として申告すると確実に落とされます。勤めていると申告した会社に電話がかかって、在籍を確認する作業が行われるので、虚偽申告するのはやめるようにしましょう。どちらの会社も、パートやアルバイトの方でもお金を借りることができます。毎月一定収入があることが大切な条件になります。

 

一つだけ気を付けないといけないのは総量規制という法律です。この規制にひっかかると、審査に落ちることがあります。これは年収の三分の一を超える借り入れはできないと言う内容を持っています。他の会社に借り入れがあって、新規にアコムに契約する場合は借入額が年収の三分の一以下にならなければなりません。総量規制の適用を受けるのは消費者金融系の会社だけです。レイクは銀行系の会社なので、この法律の適用を受けることはありません。もし、他の会社からの借入がある場合は、こちらの会社を利用するようにしましょう。アコムで多めのお金を借りる時は、収入証明の書類の提出を求められます。給与明細や納税証明書などをカメラで撮影して、ホームページにアップロードします。これをしないと、お金を借りることはできないので注意しましょう。この会社の場合は50万円以上の場合に収入証明の書類の提出を求められます。